Custom home

木造の注文住宅と構造形式について

白い家

木造の注文住宅で一般的な構造形式は2つあります。1つは2×4(ツーバイフォー工法)と呼ばれます。これはアメリカ発祥の建築工法です。柱と梁に木製の壁を釘で留めます。この壁で地震に抵抗しようという構造形式。寸法も規格化されているので、注文住宅で大量生産が可能となりました。
日本ではもともと在来軸組み工法がほとんどでした。この工法は、柱と梁を仕口と呼ばれる木組みで接合したもの。地震は、柱と梁が変形することで耐えます。しかし、在来軸組み工法にも欠点があります。それは地震が作用したとき、仕口が抜けてしまうこと。これにより柱が重さを支えられなくなって倒壊した例がいくつかありました。
一方、ツーバイフォー工法は壁を釘で留めているので、安心です。ただし、建築的な自由度は制限されます。例えば、耐震壁が必要になって窓が塞がれること、動線が制限されるなど。また、最近の研究成果では在来軸組み工法も接合を金物で補助してやれば、必ずしも弱くないことが発見されています。
両者とも立派な工法で、どちらが優れていることはありません。意匠的、構造的な制約のもと、決めていきたいですね。また注文住宅で純和風な木造住宅にしたい場合は、在来軸組み工法にすると馴染むと思いますよ。

ピックアップ

明かりのある家

注文住宅の気になる耐震性

注文住宅の耐震性は建売住宅と比べてどう違うのでしょうか。実は、注文住宅の耐震性は、お施主さんのこだわりでグレードを上下させることができ…

MORE
白い家

木造の注文住宅と構造形式について

木造の注文住宅で一般的な構造形式は2つあります。1つは2×4(ツーバイフォー工法)と呼ばれます。これはアメリカ発祥の建築工法です。柱と…

MORE
綺麗な家

注文住宅を建てる平屋と2階建てのどっち?

注文住宅をご検討の方は、平屋建てか2階建てか悩まれていると思います。最近は注文住宅では二階建てがほとんどですが、平屋建ても徐々に増えて…

MORE
大きな家

注文住宅を依頼先はどこになる?

みなさんも、注文住宅というものを聞いたことが、あると思います。今回は、そんな注文住宅について見ていきたいと思います。注文住宅とは、住み…

MORE