Custom home

注文住宅の気になる耐震性

明かりのある家

注文住宅の耐震性は建売住宅と比べてどう違うのでしょうか。実は、注文住宅の耐震性は、お施主さんのこだわりでグレードを上下させることができます。建売住宅の場合、耐震性は建築基準法の最低基準程度です。しかし、昨今の大震災を考えてもっと耐震性を高めたいという方も増えています。
そこで注文住宅では耐震性を自由にアップできます。耐震性のグレードは、耐震等級と呼ばれます。耐震等級3が最もランクの高い耐震性を持つ住宅です。具体的には最低基準(建築基準法)を満足する耐震性の1.5倍です。これは住宅に免震装置を取り付けた耐震性と同程度とされています。家は一生に一度の買い物です。その大事な資産を今後守っていくためにも耐震性を高めることは重要です。
お家を注文住宅にされる方は、まず耐震性を高めてみることをおすすめします。さて、木造住宅の耐震性は壁量で決定します。壁量とは文字通り壁の量です。つまり、木製壁を沢山配置すれば、その分地震に抵抗する耐震要素が増えるということ。その分、窓が削られたり動線に制限が出ることはあらかじめ頭に入れておきましょう。意匠と構造、どちらを優先させるか悩みどころですが、担当の建築士さんと相談した上で夢のマイホームを手に入れてくださいね。

ピックアップ

明かりのある家

注文住宅の気になる耐震性

注文住宅の耐震性は建売住宅と比べてどう違うのでしょうか。実は、注文住宅の耐震性は、お施主さんのこだわりでグレードを上下させることができ…

MORE
白い家

木造の注文住宅と構造形式について

木造の注文住宅で一般的な構造形式は2つあります。1つは2×4(ツーバイフォー工法)と呼ばれます。これはアメリカ発祥の建築工法です。柱と…

MORE
綺麗な家

注文住宅を建てる平屋と2階建てのどっち?

注文住宅をご検討の方は、平屋建てか2階建てか悩まれていると思います。最近は注文住宅では二階建てがほとんどですが、平屋建ても徐々に増えて…

MORE
大きな家

注文住宅を依頼先はどこになる?

みなさんも、注文住宅というものを聞いたことが、あると思います。今回は、そんな注文住宅について見ていきたいと思います。注文住宅とは、住み…

MORE